葬儀の後に故人の家の片付けに困ったときは要チェック!遺品整理のミニ知識を解説します

葬儀が終わり自宅に戻ると以前は笑顔で接してくれた身内もいなく、遺品だけが家の中に残ることになります。遺品整理は故人が残した品物を整理して片付けることを意味するもので、遺品として残すものや捨てるものなどを分別することから始める必要があります。素人がやろうと思うと中々作業が進まないなど悩みを持つこともありますし、納骨までの間は遺骨が家の中にあるので遺品整理を行う気持ちにならない人は多いことでしょう。こんなときは、遺品整理士の資格を持つ業者に委ねるのが最善です。

目次
  1. 葬儀の後に故人の家の片付けに困ったときは要チェック!遺品整理のミニ知識を解説します
    1. 遺品整理とは具体的に何をしてくれますか?
    2. 遺品整理を素人がするのと業者が行う大きな違いとは?
    3. 遺品整理の会社経営に資格は必要なのか?資格保持者がいない業者でも大丈夫?
    4. 遺品整理を業者に頼むか迷ったときの決め手は何?
    5. 遺品整理の会社が増えている中でのおすすめ業者の選び方(2023.9.1)
    6. 故人の荷物を捨てるのが辛いとき遺品整理はどうすれば良い?(2023.9.1)
    7. あまりお金をかけずに遺品整理をする方法(2023.9.1)
    8. 遺品整理で仏壇は引き取ってもらえるか?(2023.9.1)
    9. 遺品整理する際には事前のご近所挨拶は必要?(2023.9.1)
    10. 遺品整理の料金プラン例を見てみよう(2024/2/1)
    11. 遺品整理でのさまざまな供養方法例(2024/2/1)
    12. 遺品整理を自分たちで行うメリットと留意点(2024/2/1)
    13. 遺品整理業者は昔からある?その歴史を知ろう(2024/2/1)
    14. 遺品整理を早めに済ませたほうが良い理由(2024/2/1)
    15. 遺品整理と相続トラブルをスマートに解決する方法(2024/7/12)
    16. 遺品整理の手間を省くなら専門の清掃会社を頼るのが無難(2024/7/12)
    17. 遠方に住む家族のために知っておきたい遺品整理のポイントとは(2024/7/12)
    18. 遺品整理における同意の重要性と成功するためのポイントについて徹底解説(2024/7/12)
    19. 遺言書に遺品整理の禁止が記載されていた際の対処法(2024/7/12)

遺品整理とは具体的に何をしてくれますか?

遺品の処分で悩んだときは、遺品整理専門の業者に依頼することも考えてみてはいかがでしょうか。 多くの遺品もスピーディーに処分してくれるので、体力的な負担はもちろん精神的な負担を減らすこともできます。 具体的にはどのような形で遺品整理を進めていくのかも知っておきたいところです。 まず、貴重品が見つからないなどの場合はそれを捜索してもらうこともできます。遺品にも様々な種類がありますが、分別についてもきちんと行ってくれるので安心です。不要なものはゴミとして処分することもできますが、価値のあるものは捨ててしまうのは惜しいものもあります。多くの業者は回収や処分だけではなく、買取にも対応しています。ブランド品や貴金属、家具や家電などがある場合は処分の前に査定をしてもらい、価値を確認しておくこともおすすめです。 さらに、仏壇などの処分が難しいものについては供養を行っているところもあります。サービス内容は会社ごとに違いがありますので、依頼前にはどのような作業に対応しているのかを確認しておくと良いでしょう。

遺品整理を素人がするのと業者が行う大きな違いとは?

人が亡くなった後は部屋や家全体を片付ける作業が発生します。物が多かったり、家が大きかったりするほど大変な作業になるので、後回しにせずできるだけ早めに取り掛かるのが得策です。ただ、誰がやるのかによって終わるまでの日数が異なりますし、少しでも早く完了したいなら適当に始めるべきではありません。たとえば、遺品整理の専門家に依頼をする選択肢もあるため、勢いでスタートするのではなく、どのようにしたいのか検討したうえで判断しましょう。遺品整理を素人がするのとプロが行う場合の大きな違いは、作業スピードと丁寧さです。作業スピードに関してはかなりの差が生じるので、急いでいるなら依頼をするのが最適です。また、素人と違って手際良く丁寧に取捨選択を行ってくれるため、本当に必要な物だけを残すことができます。遺品整理の経験がなければ誰でもできる作業と思ってしまうのは仕方ないですが、プロを利用する方が確実にスムーズに終えられるでしょう。

遺品整理の会社経営に資格は必要なのか?資格保持者がいない業者でも大丈夫?

遺品整理の会社経営には遺品に関連した資格は不要です。無免許であっても開業ができるため、中には専門的な知識がない会社があるのも事実でしょう。しかし一口に遺品整理とまとめても様々な作業が存在しており、特定の作業を行うためには免許や許可が必要になります。依頼する会社を選択する際には、プランの料金だけではなく免許や許可なども事前に確認することが大切です。関連する資格には、遺品整理士や古物商許可証、そして一般廃棄物収集運搬許可証などがあります。遺品整理士は遺品についての知識を持ち、適切な整理や処理を行うことができます。認定試験を突破して取得しているため、きちんとした知識を身につけた専門家とも言えるでしょう。整理中に出てきた品物を売買する場合には古物商許可証、ゴミの運搬や処分をするためには一般廃棄物収集運搬許可証が必要です。これは一般家庭から出たごみを収集するためのもので、運搬や処分を行う場合に必須となります。

遺品整理を業者に頼むか迷ったときの決め手は何?

近年の日本社会は少子高齢化ともに、東京圏や大阪圏を中心とする地方衰退が進んでいます。そのため地方に住む親がなくなり、実家等を相続する方は今後も増えていくことが予想されるでしょう。ところで、都会に住む現役世代が地方の家を相続した場合、まずは家の片づけをしなければなりません。この片づけを専門的に行う遺品整理業者がたくさんいますが、業者に依頼したほうが良い判断基準は何でしょうか?まずは、同居・近居している家族の有無です。同居又は近居の家族がいる場合、業者に依頼する必要はないといえるのです。一方、家族が遠方に住んでいる場合は、業者に依頼したほうが無難です。自分で片づけをしようとすると往復の交通費が高くついてしまうからです。また売却する予定でもう買主が決定しているときも遺品整理を業者に依頼する決め手の一つです。この場合、早急に片づけをして、買主に明け渡す準備をしなければ、買主に迷惑をかけることにつながるからです。

遺品整理の会社が増えている中でのおすすめ業者の選び方

遺品整理が必要になった場合、自分達だけでは難しいと感じる事も多いです。整理する遺族に時間が無い場合は、高齢だった場合は重い家具の運び出しなどが出来ない可能性が高くなります。実際に自分達で行う事が難しいのであれば、専門の企業に依頼するのが有効的です。実際に遺品整理を専門に請け負っている企業は多くありますが、選び方のポイントとして遺品整理士が在籍しているという点があります。見積もり自体も実際に自宅まで訪問した上で行ってくれると、より安心できるポイントの1つです。見積もり自体も不明瞭な内容がなく、明確に記載がされているという点も重要になります。企業に依頼した際に、スタッフのかたの対応内容なども信頼できるかどうかを判断する事が可能です。実際に多くの遺品の整理を請け負っている実績や経験の有無も、依頼する際の重要なポイントです。多くの企業があるからこそポイントを把握し、より信頼でき最後まで安心してお願いできる企業を見極める事が重要となります。

故人の荷物を捨てるのが辛いとき遺品整理はどうすれば良い?

遺品整理の時に「故人の荷物を捨てるのが辛い」と感じている人は多いです。大事な家族が大切に使っていたものであれば、なおさら捨てるのが難しいです。思い出のアイテム、一緒に購入したお揃いの商品などは思い入れがあるので手元に残しておきたい気持ちも分かります。しかし、ものが多くて家のスペースを埋め尽くしているような場合は遺品整理が必要不可欠です。「大事にしていたものを処分すると故人に悪い」という気持ちを抱くのは当然のことですが、残しておいても良いことはありません。未来を向いて歩き始めるためにも、遺品整理は進める必要があります。どうしても処分できないという場合は、遺品整理の業者に依頼して処分してもらうのがおすすめです。形見と言えるようなものだけを残して、思い切って処分するのも故人への優しさと言えます。明るい未来に向かって歩き出すためにも、気持ちの切り替えは非常に大事です。一人だけで切り替えるのが難しい場合はプロの力を借りるのがおすすめです。

あまりお金をかけずに遺品整理をする方法

遺品整理は、専門店に依頼すれば早期に終わらせることができます。とはいえ、やはりプロに依頼するとそれなりの料金も発生します。できることなら、あまりお金はかけたくないと考えている人もいるのではないでしょうか。 費用を抑えるのであれば、専門店を利用せずに遺族や家族で作業を進めていくことをおすすめします。 遺品整理をスムーズにするためには、まずは貴重品を捜索して別の場所に移動させておきましょう。貴重品を別の場所に置いておけば、間違って捨ててしまうことを避けることができます。 それから、必要なものと必要でないものに丁寧に分けていきます。処分するものも、自治体の無料回収を利用すれば余計な費用もかかりません。 遺品整理では貴金属やブランド品、家具などの価値の高いものが残っていることもあります。もめごとを避けるためにも、勝手に処分せずに受け継ぎたい人がいないかどうかを確認しましょう。 受け継ぐ人がいない場合は、買取サービスを利用すれば不要な遺品も現金化できます。

遺品整理で仏壇は引き取ってもらえるか?

遺品整理では、様々な遺品を処分することになります。ゴミとして処分するものもあれば、価値の高いものは買い取ってもらうこともできます。 遺品整理では、処分で悩むものが出てくることもありますが仏壇は引き取ってもらえるのかどうかも気になるところです 粗大ごみとして処分することもできますが、そのまま引き取ってもらうことには抵抗があるという人も少なくありません。 菩提寺や普段お付き合いのあるお寺がある場合は、まずは相談してみましょう。お布施などの費用は発生しますが、処分する前に閉眼供養をしておくとより安心して処分できるのではないでしょうか。不用品回収で引き取りを依頼する方法もあれば、仏具店などに処分を依頼することもできます。 遺品整理を専門に行う業者に依頼すれば、仏壇のような処分が難しいものも安心して処分できます。専門業者は遺品を丁寧に扱ってくれますし、供養にも対応しているところも多くなっています。お付き合いのあるお寺がないという場合も、安心して依頼できるのではないでしょうか。

遺品整理する際には事前のご近所挨拶は必要?

遺品整理をする際には、事前にご近所への挨拶をしておきましょう。絶対に行わなければならないものではありませんが、引っ越し時と同じように、ちょっとした心がけでお互いに気持ちよく過ごせるものです。遺品整理においては、作業時にある程度の音が発生することは避けられませんし、大型の家具を運び出して処分するなども考えられ、トラックが出入りするようなこともあるかもしれません。マンションの場合でも、エレベーターをそれなりに占有してしまうこともあったりするわけです。引っ越しの際と同じように、隣や向かいの住戸には挨拶とともにちょっとした日用品を渡しておくようにしたほうが良いでしょう。ちなみに、整理を業者に依頼する場合には、彼らの手順の一環として近所回りが含まれていることもごく常識のようです。彼らに任せてしまっても構わないわけですが、やはり人任せではなく当の本人も出向いたほうが心証的には良いことは間違いありません。

遺品整理の料金プラン例を見てみよう

遺品整理は料金プランによってサービス内容が異なります。具体的な例を知っておくと、自分が依頼するときに検討しやすくなるでしょう。最も高いものは多くの付加価値がついており、それだけ自分の負担が少なくて済みます。よくあるのはハウスクリーニングも付帯しているタイプです。部屋を綺麗にしてくれるため、そのまま他の用途に使えるようになります。賃貸の場合は原状回復を行いやすくなるでしょう。中程度のプランは文字どおり遺品整理だけを着実にこなしてくれものです。特別な要望がないなら、こちらを選択しても問題はありません。最も安いのは依頼主を手伝ってくれるタイプで、なるべく節約したい人にうってつけです。ただし、自分の負担が大きいことを理解しておく必要があります。それだけでなく、原則的に立ち会うことになるため、時間に関しても余裕を持って頼むことが大事です。このように、たいていの遺品整理業者では以上の3パターンを軸に展開しています。

遺品整理でのさまざまな供養方法例

故人の気持ちや思い出が残った荷物をそのまま捨てるのはしのびない、できれば供養してあげたいと考える人もいるのではないでしょうか。遺品整理を行うにあたり、そのままでは気になると感じるのもごく当然のことです。遺品整理会社の中には依頼者の気持ちに寄り添い、お寺の手配などを引き受けてくれる会社も存在しています。気になる場合は該当するサービスを提供している遺品整理会社を選択しましょう。よく利用されているのは、合同や現場での供養です。合同はお寺や神社にお願いをして、遺品のお焚き上げなどを行ってもらいます。現地まで僧侶に来てもらう例もありますが、遺品整理会社にまとめて依頼したり、郵送でお寺に送ったりなどいくつかの方法が用意されています。知り合いのお寺がないといった場合にも、依頼した会社に頼めば提携しているお寺に依頼してもらえるはずです。片付けと合わせて請け負ってもらうことで、まとめて依頼できるのも利点となっています。

遺品整理を自分たちで行うメリットと留意点

身内が亡くなった後に残された遺品は、遺族側が整理する必要があります。実際に遺品整理自体は企業に依頼するだけでなく、自分達で行うというケースも多いです。実際に自分達だけで遺品整理を行うメリットですが、依頼費用など出費を抑えた上で整理出来るという点は大きなポイントになります。整理にかかる労働負担だけでなく時間も必要となりますが、自分達が1つ1つ遺品と向き合って整理できるので納得した整理ができるのが大きな魅力です。ただし留意点として白しておくべきポイントに、手続きに関して期限がある物があるという点になります。故人からの名義変更や解約などの手続きには期限があり、早めに整理を進める事が必要な内容もあります。遺品整理を進める上で期限がある手続きを優先的に行うことで、各種の契約や手続きに関する思わぬトラブルを防ぐ事が可能です。整理する場合は優先順位をしっかりつけた上で、取り組むことで問題をしっかり解消する事に繋がります。

遺品整理業者は昔からある?その歴史を知ろう

少子高齢化が進む日本社会において、遺品整理業者の存在は今や欠かせないものになっています。故人の荷物を整理しようにも身内だけではどうしようもないといった時に、遺品の処分をまとめて依頼できる業者は心強い味方になってくれるでしょう。遺品整理業者の歴史はまだ新しく、近年になってから成長している業界です。高齢化社会が進むにつれて需要が増え、遺品整理に特化した業者が増えました。中には不法投棄をしたり法外な請求をしたりといった悪質な業者もいたため、モラル向上などを目指して2011年には遺品整理士認定協会が設立されています。この協会は資格の認定や通信教育、講座などを実施しており、専門的な知識を持つスタッフの育成に努めています。様々な企業が業界に進出する中、丁寧な対応やしっかりとしたヒアリングで遺族の気持ちに寄り添いながら整理してくれる会社も増加傾向にあるでしょう。以前はなかったものの成長が続く業界であり、今後も継続が見込まれます。

遺品整理を早めに済ませたほうが良い理由

家族で不幸があり遺族には、葬儀の準備や対応だけでなく遺品整理を行う必要も出てきます。実際に整理を始めるタイミングは色々ありますが、四十九日の方法前など早目に済ませる場合も多いです。実際に早目に遺品整理を終わらせる事で多くのメリットや理由あり、期限のある手続きを処理する事が出来るという点があります。故人が生前契約していた物は色々あり、支払いが必要な内容も含まれている事があります。早く整理を始めることで手続きを済ませる事ができ、支払いに関する無駄な出費を抑える事が可能です。事前に遺品を整理しておく事で、四十九日の法要の時に形見分けができるという場合もあります。社会人として働いていると遺品の整理のために休暇を取る事は難しい場合でも、忌引き休暇中であれば集中して整理する事が出来ます。気持ちの整理を付けるという意味も含まれるので、早めに遺品の整理に取り掛かることで多くのメリットがある事を把握する事が可能です。

遺品整理と相続トラブルをスマートに解決する方法

遺品整理と相続のトラブルは、多くの人々が避けたい問題です。 この問題を解決するためには、適切な知識と計画が必要です。
遺品整理は単なる物の片付けではなく、故人が遺したものへの思いを大切にする作業でもあります。
まず、家族全員で話し合い、優先順位を決めることが重要です。 また、専門業者の力を借りることで、効率的かつ迅速に進めることができます。
相続トラブルについては、遺言書を正確に残すことが重要です。 遺言書は法的に有効なものを作成し、公証役場で保管する方法が一般的です。
これにより、相続人間のトラブルを未然に防ぐことが可能です。 さらに、相続税の対策も考慮することが大切です。
専門の税理士に相談することで、適切な相続税の計算や節税方法を知ることができます。
遺品整理と相続トラブルを円滑に進めるためには、計画的な準備と専門家の助けを借りることが不可欠です。
家族全員が納得できる形で、これらの問題を解決して進んでいくことが未来への第一歩となります。

遺品整理の手間を省くなら専門の清掃会社を頼るのが無難

遺品整理には多くの労力と時間がかかります。 特に家族の思い出の品々を整理するのは大変な作業です。
そんな時、信頼できる清掃会社を活用することで、遺品整理の手間を大幅に軽減することができます。
遺品整理を行う際には、専門知識が必要です。
例えば、家具や電化製品の適切な処分方法を知らないと、環境に悪影響を与える可能性があります。
清掃会社のプロフェッショナルは、法令に基づいた適切な処分を行ってくれるため、安心して任せることができます。
また、時間的な負担も軽減されます。 遺品整理は一日や二日では終わらないことが多く、仕事や日常生活との両立が難しくなります。
清掃会社に依頼することで、専門スタッフが迅速に作業を完了させてくれるため、自分自身の時間を有効に使うことができます。
最後に、心理的な負担も軽減されます。 家族の遺品を整理することは感情的な負担が大きい作業です。
清掃会社に依頼することで、その負担を和らげ、遺品整理のプロセスをスムーズに進めることができます。
遺品整理には専門の清掃会社を活用するのが無難です。

遠方に住む家族のために知っておきたい遺品整理のポイントとは

遺品整理は家族にとって精神的な負担が大きい作業です。 特に遠方に住んでいる場合は、より一層の計画性が求められます。
まず、遺品整理を効率的に進めるためのポイントを理解することが重要です。 遠方からの遺品整理が必要な場合は、まず信頼できる遺品整理業者を選ぶことが基本となります。
業者の選定には、口コミや評価を参考にし、実際に電話やメールで問い合わせてみることが大切です。
次に、整理する遺品の分類方法を考えます。 不要なもの・保存するもの・寄付するもの・売却するものに分けると、整理がスムーズに進みます。
特に故人の思い出が詰まった品々には特別な配慮が必要です。 遠方からの作業であるため、何度も現地に足を運ぶのは現実的ではありません。
そのため、初回の訪問時にしっかりと計画を立てることが大切です。 遺品の運搬方法も重要なポイントです。
大きな家具や家電は運送会社を利用するか、遺品整理業者が提供する運搬サービスを利用すると良いでしょう。
また、遺品を運搬する際には保険に加入しておくと安全です。 最後に、遺品整理の際には家族や友人に協力をお願いすることも考えましょう。
一人で全てを背負い込まず、信頼できる人々と共に作業することで、精神的な負担も軽減されるでしょう。
遺品整理は時間と労力が必要な作業ですが、計画的に進めることでその負担を少しでも減らすことができます。

遺品整理における同意の重要性と成功するためのポイントについて徹底解説

遺品整理は人生の一大イベントであり、その過程には多くの注意点が存在します。 特に、関係者全員の同意を得ることは極めて重要です。
この記事では、遺品整理を成功させるためのポイントを詳しく解説します。 まず、遺品整理を進める際には家族や関係者全員の同意を事前に得ることが基本です。
これにより、後々のトラブルを避けることができます。
また、専門の遺品整理業者に依頼する場合は、信頼できる業者を選ぶことが重要です。 口コミや評判をチェックして、信頼性のある業者を選びましょう。
次に、計画的に遺品整理を進めることが大切です。 まずは整理する品目をリストアップし、優先順位をつけて作業を進めます。
これにより、効率よく進行することができます。 最後に、感謝の気持ちを持って遺品整理を行うことです。
家族の思い出や歴史が詰まった品々を丁寧に扱うことで、心に豊かな時間を過ごすことができます。
以上のポイントを抑えることで、遺品整理を円滑かつ成功させることができるでしょう。

遺言書に遺品整理の禁止が記載されていた際の対処法

遺言書に遺品整理の禁止が記載されていた場合、その対処法を知っておくことは重要です。
まず、このような遺言書が有効かどうか確認することが必要です。 遺言書には法的効力が伴いますが、内容によっては無効となることがあります。
専門家に相談することが推奨されます。 もし遺品整理が必要な事情がある場合、家庭裁判所への調停を申し立てることができます。
この手続きを経ることで、遺族間の合意が得られない際の解決策となります。 また、遺品整理は感情的にも負担となりやすい作業ですので、専門の業者に依頼することも検討しましょう。
遺品整理のプロは、法的手続きや感情面のケアも含めサポートしてくれます。 彼らの協力を得ることで、遺品整理はスムーズに進行します。
最後に、遺言書の内容を見直すことも大切です。 適切な遺言書を残すことで、遺族間のトラブルを防ぐことができます。
そのためには、専門家のアドバイスを受けつつ、明確で法的に有効な遺言書を作成することが求められます。

著者:江尻靖夫

筆者プロフィール

滋賀県大津市出身。最近身内に不幸があり遺品整理を業者に依頼。その時の体験を基に、遺品整理について記事を書きました。
大津市 遺品整理